女子学生

読む人に何を伝えたいか

志望動機で悩む人は多いですが、書く前に志望先と自分との関わりについて考えてみると良いでしょう。おすすめの書き方は時系列順に書いていくことです。原稿用紙の記入方法で間違える人も多いので気をつけましょう。

教材

中学の受験のポイント

中学受験で必要なのは、自分なりの勉強法を見つけることです。そのためには塾に通うのも効果的です。特に個別指導は生徒ごとに異なる個性を考慮して、勉強のやる気を引き出してくれます。その上で効率の良い勉強方法を身に付けることができるわけです。

先生と生徒

何とか志望校に合格する

大学入試を突破するために必要な学力は勉強法を工夫することで効率よく上げられます。すでに基礎が固まっている人は予備校に通って応用的なことを、まだまだこれからという人は参考書で独学をするのがおすすめです。

全ての教科を指導できる人

レディ

マンツーマンで集中

小学校を卒業して中学になってくると、学習する科目の数が増えたり、1科目あたりの学習量も大幅に増えてきます。また、ほとんどの中学校では、中間試験や期末試験がある度に学年順位などが発表されることがあり、中学生の間の実力の差を数字で見せつけられる場面が多くなってきます。そして、ほとんどの中学生は高校へ進学するため、高校受験が近くなってくると、塾に通ったら家庭教師を依頼する人が増加してきます。家庭教師に依頼して学習を進める場合、主要5科目について指導力のある家庭教師を選ぶことが大事です。中学生にとって、家庭教師との相性はとても大事になってきます。マンツーマンで長い時間をかけて学習していくことになるので、性格的な相性や、中学生にとって分かりやすい指導の仕方をしているかどうかは重要です。もし相性があまり良くないと感じたら、迷わず別の家庭教師に変えてもらうと良いでしょう。家庭教師を呼んで学習を進めていく上でのメリットは、生徒に合わせたペースで進められるということです。集団授業の多い学習塾と比べて、家庭教師との勉強では、分からない時にいつでも質問ができるのが特徴です。また、期末試験が近づけば、出題範囲を絞った範囲で試験に向けた学習ができますので、成績アップにも繋げることができるのがメリットです。大事な高校受験を控えている時期には、家庭教師とマンツーマンで勉強することで、集中力を高めることにも繋がります。